HomePodついに来た!

ということでついにHomePodが日本にやってくるそうです。この夏に♪アップルで発売開始となったはいいのですが、結局今まで日本では発売をされていなかったHomePodがいよいよ今夏登場♪楽しみですね♪

お値段は32,800円ということでやすい価格ではありませんが、やはり発売が楽しみであるのは間違いありません。

特に気になっている性能としてはその空間認識能力でしょうか?音質が良いのはぶっちゃけAppleであれば当たり前だと思っていましたが、この空間認識能力については、すごいと思います。部屋に合わせた調整を自動でしてくれるというのはもはやファンタジーですねwww

とりあえず、今回は発売が決まったということで、また新しいびっくりな情報があったらとりあえず紹介してみようと思います。

完全分離プランは結局いつから?

携帯電話は結局やすくなるの?

「携帯電話の維持費は4割安くできる」ということで、おそらくかなり大きな波紋が広がり、国民の殆どが関心を示しているであろう完全分離プランについて結局どうなったのか?ということで速報です。




IT media Mobile通信によると、総務省は3月5日に「電気通信事業法の一部を改正する法律案」の閣議決定を行なったらしく、これから煮詰めていく様子だ。

ここから逆算し、実際に完全分離プランが行われるのはどうやら8月から9月ぐらいになるのでは?と予測されている。

消費者として

ぶっちゃけ安くなるのであればそれはそれで嬉しいのですが、今後携帯電話を機種変更したいときにその料金がどうなるのか?というところが大きく気になるところです。

イメージとしては機種変更しても今ぐらいの料金であれば問題ないと個人的には思っておりますが、新しいプランができることによりその辺の端末価格がどうなるかが特に気になりますよね。

特に9月といえば例年通りに考えれば新しい iPhoneが出る予定だと予想されます。そのあたりどうなるのでしょう?

手続きは必要なのか?

総務省が問題としているのは機種変更をした人だけ基本料金に値引きがあるとのこと。・・・もし完全分離プランになった場合、もともと値引きがある方はどうなるのか?また自動で料金が引き下げになるのか?携帯電話は生活の一部といっても過言ではないため、今後の動向に注目ですね!

d払いいーね!

キャッシュレス始まる・・・!?

最近巷では、何とかペイなどいろいろなキャッシュレスサービスが始まっております。おそらく消費税増税に伴い、現金以外の決済方法だと2%還元がある・・・ということもありますし、東京オリンピックに向けて日本より普及している海外からの訪問客に向けての整備としてニュースになったのも記憶に新しいですね。



さて、そんなわけで今回はキャッシュレス世界をまず知るためにd払いについてここでは語ろうと思います。

※筆者はdocomoユーザーなので、それ以外は少しずつ調べます。

d払いとは?

頭文字の「d」から想像できる通りポインコでおなじみのドコモが提供しているキャッシュレスでの決済方法ですね。ご利用されるとドコモのケータイ料金と一緒に決済することが可能です。d払いのメリットとしてはクレジットカードを持たなくても、キャッシュレスで支払いをすませることが大きなポイントではないでしょうか?

今のところのデメリットとしては、まだまだ使えるお店が少ないことにあるだろうが、これは今後増えていくと思われます。

どうやったら利用ができるのか?

ドコモユーザーの方でしたら、使い方は超簡単です。アプリで「d払い」というアプリをダウンロードし、アプリの説明のまま設定をするのみです。

そうするとバーコードが表示され、それを提携店で見せるだけです。もちろんdポイントと併用

してのお買い物が可能だ。

d払いが使えるお店は?

まず、コンビニについて>dポイントカードではローソンでしか利用できなかったのですが、d払いをすることにより、ローソンだけでなく、ポプラやファミリーマートでもポイントが使えるようになります。これは結構自分的には大きなメリットではないでしょうか?

そのほかにも、薬局のマツモトキヨシやwants、レディ薬局でも利用可能。

タワーレコード、つるや、ソフマップ、ビッグカメラ、ミニストップなどなど他にも使えたら便利そうなお店は他にもありますね。

使うお店を探す場合はd払いアプリ内の右下にある「使えるお店」タグで簡単に確認することができるのであらかじめみておくと良いかもしれませんね!

3月はかなりおいしい!


キャンペーンあります。なんと!ポイント倍率が40倍とのこと!もちろんエントリーが必ず必要なので、そこは忘れずにすること!

100円で0.5ポイントだそうなのですが、それの40倍でなんと20%!3月末までの利用が対象なので、とりあえず今後使うかどうかは別としてとりあえずお試しで利用するのは全然アリかもしれませんね♪

Apple Watch便利アプリ♪

Apple Watchおすすめなアプリ

先日Apple Watchの紹介をさせて頂きましたが、今回はもっと活用していこう!をテーマに、私が個人的に便利だと思うアプリを紹介してまいります。

googlekeep

googleのメモアプリとしてかなり便利なアプリとなります。

Apple?Watch Series?3(GPSモデル)- 38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンドMTF02J/A

新品価格
¥34,333から
(2019/2/28 14:55時点)

ちなみにiPhone上では上図のような感じとなります。まるでホワイトボードに付箋でペタペタ必要なメモを貼っているようにメモを確認したり取ることができます。

では、これをApple Watchでみるとどうなるのでしょうか?

はい、こちら下図のようになります。

なので、簡単にiPhoneでメモなどを取ったものを簡単に手首上に表示できるので、これがかなり便利です。 

電車乗るなら駅.Locky

電車で通勤されている方限定となりますが、やはり電車が何分後に着くかは気になるところですよね。さて、そこでiPhoneを取り出して時刻表を確認する。意外とめんどくさいんですよ。

もしかしたら時刻表を暗記している方もいらっしゃるかもしれません。そうすると確認する動作さえ不要になるので一番早いのですが、覚えるのが大変なのと、時刻表って年に一回変わるんですよねー。

そんな時にこの駅.Lockyというアプリです。最寄りの駅が表示され、しかもその駅をタップすると、あと何分後に何処行きの電車が発車するというのを出してくれます。 

当然Apple Watchなので、手首上に表示することが可能なので、是非とも電車通勤の方はこちらのアプリを試してみてほしいものです。

ちなみに、このアプリは無料なのでマジで神アプリとなりますね。

確定申告の時期ですね。

確定申告もうしました?

早いものでもう確定申告の時期到来です。おそらくほとんどの方がめんどくさいとか、税務署にいかないといけないとか、よくわからないとかそんな話がちらほら聞こえてきそうですが、実は今年からiPadでも確定申告がスムーズにできるようになりました。

ちなみに今までもできておりましたが、途中保存ができず、結局作成したものをプリントアウトして郵送しないとダメでした。

・・・が、どうやら今年からiPadにおける途中保存(iCloudに保存)したものを読み込みし途中から作成できるようになってます。

また、国にIDとパスワードを発行してもらいそれを使えばiPad上で提出までできるようになっているのです。

※その発行自体が少しめんどくさいのですが、マイナンバーカードとIC読み取る機会があればパソコンから申し込みができます。

確定申告を手助けするサービスおよびアプリ

色々ありますね。白色申告で良いのであれば弥生会計が個人的におすすめです。無料で使えつつ、きっちりと確定申告用のフォーマットで保存でき、それを国税庁のホームページ内にある確定申告作成ページで取り出すだけで今まで入力したいた数字が科目別にでてくれます。

そのほかにもfreeeというアプリも普段お金の管理をしつつ、経費計上など細かい科目別に振り分けることもできます。

提出期限は3月15日なのでそろそろ私も本腰入れて確定申告をしないといけませんね。

マイナンバーカードが保険証!

2021年3月の予定らしい!

と、いうことでいよいよマイナンバーカードが保険証として使える日がくるらしいです。ぶっちゃけあまり普及している印象はありませんが、これで一気に普及してくるかもしれませんね。

マイナンバーカードの未来

ここからは個人的な予想になってくるのですが、おそらくマイナンバーカードで医療情報、経済情報、戸籍や住民票の代わりとなるのはもちろんのこと、国としてはこれを普及する目的があるため、もっと民間企業と連携してポイントだけではなく、信用情報などさまざまな管理をするようになるかもしれませんね。

その上で、国民がどのようにしてマイナンバーカードを使えばお得になるのか、しっかりと議論をしてほしいものです。(だいぶ人任せですが、、、)

まぁ、現状としては確定申告のときにあれば便利かなーっていうぐらいの印象ですが、今後どうなることやら?

ただ、偽造マイナンバーカードなんてものがそろそろニュースになるかもしれませんね、、、