完全分離プランは結局いつから?

携帯電話は結局やすくなるの?

「携帯電話の維持費は4割安くできる」ということで、おそらくかなり大きな波紋が広がり、国民の殆どが関心を示しているであろう完全分離プランについて結局どうなったのか?ということで速報です。




IT media Mobile通信によると、総務省は3月5日に「電気通信事業法の一部を改正する法律案」の閣議決定を行なったらしく、これから煮詰めていく様子だ。

ここから逆算し、実際に完全分離プランが行われるのはどうやら8月から9月ぐらいになるのでは?と予測されている。

消費者として

ぶっちゃけ安くなるのであればそれはそれで嬉しいのですが、今後携帯電話を機種変更したいときにその料金がどうなるのか?というところが大きく気になるところです。

イメージとしては機種変更しても今ぐらいの料金であれば問題ないと個人的には思っておりますが、新しいプランができることによりその辺の端末価格がどうなるかが特に気になりますよね。

特に9月といえば例年通りに考えれば新しい iPhoneが出る予定だと予想されます。そのあたりどうなるのでしょう?

手続きは必要なのか?

総務省が問題としているのは機種変更をした人だけ基本料金に値引きがあるとのこと。・・・もし完全分離プランになった場合、もともと値引きがある方はどうなるのか?また自動で料金が引き下げになるのか?携帯電話は生活の一部といっても過言ではないため、今後の動向に注目ですね!

今日はホワイトデー・・・それは半分正解で半分ハズレだ

今日はホワイトデー?

ということで、今日は世間的にはホワイトデーですが、グローバルな目線から見ると少し違うそうなので、私自身少し現実逃避したいので、少し調べてみました。

そこで、各国の今日を調べて見ることにしました。

※ホワイトデー関連は省いてますwww

  • 数学の日、
  • 国際結婚の日、
  • パイの日(円周率の日)
  • 憲法記念日 (アンドラ)
  • エストニア語の日(エストニア)

全ての国を調べれているわけではないですが、ちょっと調べるだけで上記のような記念日があることがわかりました。もちろん上記意外にも記念日はありましたが、ホワイトデー関連に違いので掲載してません。

※ネットってすごいね!

意外と自分の中で驚いているのが、数学の日でしょうか。円周率の3.14にまつわるとはいえ、これで数学に興味を持つ方がいらっしゃることを望みます。

ただ、私含めて義理チョコのお返しを考えている方の方が圧倒的に多そうですねwww

今回は気楽に作成した内容となりますので、そこまで濃い内容にしてはおりませんが、「こんな日あったんだ・・・」なんて思う方がいらっしゃれば幸いでございます。

ブログはエックスサーバー使ってます♪



なぜエックスサーバー?

と、いうことでこのブログを始めて早1ヶ月となりました。ブログを始めるにあたって一番悩んだものは、どのレンタルサーバーを使うのか?ということです。自分自身ほぼ初心者も同然なので、情報収集に時間を結構費やしたのですが、最終的にエックスサーバーに落ち着きました。

エックスサーバーを選んだ理由としては、ドメインが無料。

そしてその上で月額換算1,350円とそこまで高くない料金だったからです。

※ちなみに1年間分の先払いです。ちなみにもっと長期間の先払いであればもう少し安くなります。

WordPressが使えることが重要

多分最近作られているブログは無料のブログサービスを利用してなければ当然のようにWordPressを利用しているようなので、やはり私もその流れに乗ることにいたしました。

まだまだ勉強不足感は否めませんが、今後稼げるサイトになればその手法なども紹介していこうと思っております。また、ブログをたまたま見ていただいた方でアドバイスなどいただければ嬉しいです。


アフィリエイトの仕方

A8netさんを利用させていただいております。いろんなところと提携することもでき、レポートも簡単に見ることができます。そのほか今後注力すべきはやはりgoogleアドセンスをしっかり利用できるようにしたいと思いますが、あんまりよくわかってないので、こちらもどんどん活用しつつ、見られた方にとって利便性のあるブログに仕上げていきたいと思っておりますので、暖かい目で見てやってくれたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

d払いいーね!

キャッシュレス始まる・・・!?

最近巷では、何とかペイなどいろいろなキャッシュレスサービスが始まっております。おそらく消費税増税に伴い、現金以外の決済方法だと2%還元がある・・・ということもありますし、東京オリンピックに向けて日本より普及している海外からの訪問客に向けての整備としてニュースになったのも記憶に新しいですね。



さて、そんなわけで今回はキャッシュレス世界をまず知るためにd払いについてここでは語ろうと思います。

※筆者はdocomoユーザーなので、それ以外は少しずつ調べます。

d払いとは?

頭文字の「d」から想像できる通りポインコでおなじみのドコモが提供しているキャッシュレスでの決済方法ですね。ご利用されるとドコモのケータイ料金と一緒に決済することが可能です。d払いのメリットとしてはクレジットカードを持たなくても、キャッシュレスで支払いをすませることが大きなポイントではないでしょうか?

今のところのデメリットとしては、まだまだ使えるお店が少ないことにあるだろうが、これは今後増えていくと思われます。

どうやったら利用ができるのか?

ドコモユーザーの方でしたら、使い方は超簡単です。アプリで「d払い」というアプリをダウンロードし、アプリの説明のまま設定をするのみです。

そうするとバーコードが表示され、それを提携店で見せるだけです。もちろんdポイントと併用

してのお買い物が可能だ。

d払いが使えるお店は?

まず、コンビニについて>dポイントカードではローソンでしか利用できなかったのですが、d払いをすることにより、ローソンだけでなく、ポプラやファミリーマートでもポイントが使えるようになります。これは結構自分的には大きなメリットではないでしょうか?

そのほかにも、薬局のマツモトキヨシやwants、レディ薬局でも利用可能。

タワーレコード、つるや、ソフマップ、ビッグカメラ、ミニストップなどなど他にも使えたら便利そうなお店は他にもありますね。

使うお店を探す場合はd払いアプリ内の右下にある「使えるお店」タグで簡単に確認することができるのであらかじめみておくと良いかもしれませんね!

3月はかなりおいしい!


キャンペーンあります。なんと!ポイント倍率が40倍とのこと!もちろんエントリーが必ず必要なので、そこは忘れずにすること!

100円で0.5ポイントだそうなのですが、それの40倍でなんと20%!3月末までの利用が対象なので、とりあえず今後使うかどうかは別としてとりあえずお試しで利用するのは全然アリかもしれませんね♪

Apple Payいーね!

電子マネーの時代はすぐそこに!

と、いうことで本日はApple Payの紹介です。本年より消費税の増税がほぼ決まっており、現金以外の決済方法で2%の還元があるとかないとかで今、時代が変わりつつあります。

また、東京五輪が2020年にあるので、外国人の方の誘致として電子マネーの取り扱うところが増えており、今後猛烈に加速するのでは?と思っております。

さて、そこでiPhoneではApple Payを使用して「ID」若しくは「QUICPay」が対応しており、取り扱いのあるお店で簡単にキャッシュレスで決済ができてしまいます。慣れてしまうともう手放せませんwww

最強なのはApple Watchで決済だ!

当然今度はApple Watchを持っている方には是非活用してほしいのが、Apple PayをApple Watchでするということです。当然iPhoneを出さなくても手首につけてApple Watchをかざすだけで決済が終わります。めっちゃ楽です。爆速です。東日本ではSuicaがiPhoneやApple Watchで使えるので、少し羨ましいです。

※残念ながら2019年現在、西日本でのICOCAは対応しておりません。早く対応することを切に願います。

クレジットカードは何を登録するのがよいのか?

Apple Payを使用するにあたりクレジットカードは必要です。また、クレジットカードによってIDかQUICPayが自動で選ばれます。ではどのクレジットカードがお得になってくるのでしょうか?

今度クレジットカードのまとめをしてまいりますので、乞うご期待を!

Apple Watch便利アプリ♪

Apple Watchおすすめなアプリ

先日Apple Watchの紹介をさせて頂きましたが、今回はもっと活用していこう!をテーマに、私が個人的に便利だと思うアプリを紹介してまいります。

googlekeep

googleのメモアプリとしてかなり便利なアプリとなります。

Apple?Watch Series?3(GPSモデル)- 38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンドMTF02J/A

新品価格
¥34,333から
(2019/2/28 14:55時点)

ちなみにiPhone上では上図のような感じとなります。まるでホワイトボードに付箋でペタペタ必要なメモを貼っているようにメモを確認したり取ることができます。

では、これをApple Watchでみるとどうなるのでしょうか?

はい、こちら下図のようになります。

なので、簡単にiPhoneでメモなどを取ったものを簡単に手首上に表示できるので、これがかなり便利です。 

電車乗るなら駅.Locky

電車で通勤されている方限定となりますが、やはり電車が何分後に着くかは気になるところですよね。さて、そこでiPhoneを取り出して時刻表を確認する。意外とめんどくさいんですよ。

もしかしたら時刻表を暗記している方もいらっしゃるかもしれません。そうすると確認する動作さえ不要になるので一番早いのですが、覚えるのが大変なのと、時刻表って年に一回変わるんですよねー。

そんな時にこの駅.Lockyというアプリです。最寄りの駅が表示され、しかもその駅をタップすると、あと何分後に何処行きの電車が発車するというのを出してくれます。 

当然Apple Watchなので、手首上に表示することが可能なので、是非とも電車通勤の方はこちらのアプリを試してみてほしいものです。

ちなみに、このアプリは無料なのでマジで神アプリとなりますね。

Apple Watchいーね!

Apple?Watch Series?4(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

新品価格
¥49,453から
(2019/2/28 14:48時点)

Apple Watchで出来ること

世にはさまざまなスマートウォッチが出ておりますが、iPhoneを持たれている方はやはり、Apple Watchを使うのが良いのではないでしょうか?

では、Apple Watchがあったら何が出来るのかまとめてみました。

・Apple Payが使える

・iPhoneの通知iPhoneを取り出さなくても手元でわかる

・iPhoneを取り出さなくても電話やラインなどの返信が出来る。

・iPhoneを取り出さなくても必要な情報が確認できる。

・iPhoneを取り出さなくてもスケジュールのかくにんや時間管理ができる

以上、私がメインで使っている機能となります。

その中で「iPhone取り出さなくてもスケジュールの確認や時間管理ができる」と言った内容で今回はフォーカスしてオススメな使い方を紹介していこうと思います。

Apple Watchでスケジュールや時間管理とは?

使うアプリはもともとはいっているカレンダー・タイマーです。

まず、カレンダーアプリについては最初に予定表を入れ込む必要はもちろんありますが、

あとはApple Watchのこの日付の部分をタップすると一週間先までの予定を確認することができます。

タイマーアプリはもちろん時間を測ります。1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、また、カスタムで自由に時間を設定できます。

私の使い方としては物事に集中する際などに、時間を取り組む時に使います。

私の説明下手で稚拙な文章となってしまいましたが、なんとなくイメージとか湧きましたでしょうか?次回はApple Watchを使う上でのおすすめのアプリをもっと紹介いたしますので、お楽しみに♪

Apple?Watch Series?4(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

新品価格
¥49,453から
(2019/2/28 14:48時点)

確定申告の時期ですね。

確定申告もうしました?

早いものでもう確定申告の時期到来です。おそらくほとんどの方がめんどくさいとか、税務署にいかないといけないとか、よくわからないとかそんな話がちらほら聞こえてきそうですが、実は今年からiPadでも確定申告がスムーズにできるようになりました。

ちなみに今までもできておりましたが、途中保存ができず、結局作成したものをプリントアウトして郵送しないとダメでした。

・・・が、どうやら今年からiPadにおける途中保存(iCloudに保存)したものを読み込みし途中から作成できるようになってます。

また、国にIDとパスワードを発行してもらいそれを使えばiPad上で提出までできるようになっているのです。

※その発行自体が少しめんどくさいのですが、マイナンバーカードとIC読み取る機会があればパソコンから申し込みができます。

確定申告を手助けするサービスおよびアプリ

色々ありますね。白色申告で良いのであれば弥生会計が個人的におすすめです。無料で使えつつ、きっちりと確定申告用のフォーマットで保存でき、それを国税庁のホームページ内にある確定申告作成ページで取り出すだけで今まで入力したいた数字が科目別にでてくれます。

そのほかにもfreeeというアプリも普段お金の管理をしつつ、経費計上など細かい科目別に振り分けることもできます。

提出期限は3月15日なのでそろそろ私も本腰入れて確定申告をしないといけませんね。

iPad Proいいね!

iPad Pro活用方法を考えてみよう!

さて、新しいiPad Proを購入したものの、何だかんだ結構お金はかかった。ちなみにiPad Pro12.9インチwifiモデル64GBとApple Pencilにスマートキーボードと一式揃えたのだが、16万円程の出費となった。もちろん今回iPad Proを購入したことについては全く持って後悔はしてないのだが、やはり元を取る使い方というものを考える必要はあると考える

Apple Apple Pencil(第2世代) MU8F2J/A

新品価格
¥14,926から
(2019/2/22 13:56時点)

そこでどういった使い方を今しているかまとめてみた。

現状はどのようにつかっているのか?

・動画を見る・・・YouTubeやAmazon primeいいよ!

・読書・・・筆者はKindle利用。

・OneNoteで考え事

・イラストを描いてみる

・ブログの執筆・・・この記事もiPad Proのpagesアプリで作製

と、いうのが主な使い方なのだが、せっかくなのでもっといろんなことをやはりやってみたいものだ。

そうすると一番考える必要があるのが、じゃあ私が結局なにがしたいのか?ということになってきますね。

ただ、払った対価以上の効果を発揮してくれれば問題ないのだから、とりあえずできることをやっていくことに限るかもしれませんね。

色々調べていくうちにまた、琴線に触れれば何か閃くかもしれません。

Apple 12.9インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 256GB スペースグレイ MTFL2J/A

新品価格
¥139,093から
(2019/2/22 13:57時点)

別の記事でも紹介していこうと思いますが、やはりアプリなどはもちろんのことその他のサービスと組み合わせることが大事なので、そう言った役立つ情報を今後も入手しここで紹介できたらいいなと思っております。

OneNoteいいね!

マイクロソフト社のOneNote

今回はマイクロソフト社のOneNoteの紹介ですが、結構便利なアプリなのですが、これが本当にいいんです♪

iPad Proと Apple Pencil、そしてOneNoteの相性はかなり抜群です。これと合わせてKindleのアプリも組み合わせて使うことがあるのですが、これがあると節約にもなるし、効率よく学習や、調べ物などがはかどります。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) – シルバー

新品価格
¥38,375から
(2019/2/20 15:36時点)

iPadでは2画面同時イケル♪

そうなんです。左側にSafariを開き調べ物をしているときに右側にOneNoteを開いておけば、ドロップアンドドロップで画像、選択した文章などをドラッグ&ドロップができ、簡単にノートをまとめることができます。

また、 Apple Pencilやスタイラスペンをつかうことにより、書き取りやグラフの作成、表の作製もでき、スクリーンショットを撮って必要な部分を残してトリミングし、OneNoteに貼り付けもできます。

特にKindleアプリの中では、部分的にドラッグ&ドロップができないので、スクショも合わせて活用すると使いやすいかと思います。

Kindleアプリでは直接本に書き込むということができませんが、こう言った形で自分にとって必要なことを抜き出して、メモを取ることもできるので、ぜひ色々活用し、一つ上の使い方でiPadを楽しんでご利用できますね!