Kindle Unlimitedはこうやって使え!!




iPad ProとKindleアプリはサイコーの組み合わせ!

と、いうことで今回は具体的にiPad ProとKindleunlimitedの組み合わせでぜひ活用したい内容を紹介しようと思います。

と、いうか下記の画像を見ていただくと一発でイメージが湧くと思いますが、単純に左側でKindleアプリを表示させ、右側にノートアプリをだすだけです。Apple Pencilがあればなお書きやすいと思いますが、こうしてしっかりノートに自分が好きなように本の内容をまとめることができるのはかなり勉強の一つとして役に立ちます。不明点があればすぐにSafariなどで調べることも簡単ですしね♪

Kindle Unlimitedだからこそできること

Kindle Unlimitedを使うためには月額980円です。・・・が、本を読み放題のサービスとなっており、例えば一つのテーマを抜き出してもさまざまな著者の作品を読むことができます。つまり図書館のように同じテーマの内容を複数同時に読み進めることができるのでこの機能を使わないのははっきり言ってかなり損です。

例えば、今後プラグラミングのスキルが必要の時代がというかもう来ているのですが、pythonやJavaなど、入門編から上級者向けまでさまざまな本があるので、この辺はしっかり活用してすでに来ている情報化社会に乗り遅れないように今後勉強していきたいですよね♪

私自身、Kindle Unlimitedを使うテーマとして「月1万円の価値を!」をテーマに掲げて本を読み進めておりますが、この方法をつかうとそもそもノートを買う必要がなく、いくらでも好きな本を見ることができるので、月1万円どころではなくそれ以上の価値をKindle Unlimitedに見出しております。



iPad Proいいね!

iPad Pro活用方法を考えてみよう!

さて、新しいiPad Proを購入したものの、何だかんだ結構お金はかかった。ちなみにiPad Pro12.9インチwifiモデル64GBとApple Pencilにスマートキーボードと一式揃えたのだが、16万円程の出費となった。もちろん今回iPad Proを購入したことについては全く持って後悔はしてないのだが、やはり元を取る使い方というものを考える必要はあると考える

Apple Apple Pencil(第2世代) MU8F2J/A

新品価格
¥14,926から
(2019/2/22 13:56時点)

そこでどういった使い方を今しているかまとめてみた。

現状はどのようにつかっているのか?

・動画を見る・・・YouTubeやAmazon primeいいよ!

・読書・・・筆者はKindle利用。

・OneNoteで考え事

・イラストを描いてみる

・ブログの執筆・・・この記事もiPad Proのpagesアプリで作製

と、いうのが主な使い方なのだが、せっかくなのでもっといろんなことをやはりやってみたいものだ。

そうすると一番考える必要があるのが、じゃあ私が結局なにがしたいのか?ということになってきますね。

ただ、払った対価以上の効果を発揮してくれれば問題ないのだから、とりあえずできることをやっていくことに限るかもしれませんね。

色々調べていくうちにまた、琴線に触れれば何か閃くかもしれません。

Apple 12.9インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 256GB スペースグレイ MTFL2J/A

新品価格
¥139,093から
(2019/2/22 13:57時点)

別の記事でも紹介していこうと思いますが、やはりアプリなどはもちろんのことその他のサービスと組み合わせることが大事なので、そう言った役立つ情報を今後も入手しここで紹介できたらいいなと思っております。

OneNoteいいね!

マイクロソフト社のOneNote

今回はマイクロソフト社のOneNoteの紹介ですが、結構便利なアプリなのですが、これが本当にいいんです♪

iPad Proと Apple Pencil、そしてOneNoteの相性はかなり抜群です。これと合わせてKindleのアプリも組み合わせて使うことがあるのですが、これがあると節約にもなるし、効率よく学習や、調べ物などがはかどります。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) – シルバー

新品価格
¥38,375から
(2019/2/20 15:36時点)

iPadでは2画面同時イケル♪

そうなんです。左側にSafariを開き調べ物をしているときに右側にOneNoteを開いておけば、ドロップアンドドロップで画像、選択した文章などをドラッグ&ドロップができ、簡単にノートをまとめることができます。

また、 Apple Pencilやスタイラスペンをつかうことにより、書き取りやグラフの作成、表の作製もでき、スクリーンショットを撮って必要な部分を残してトリミングし、OneNoteに貼り付けもできます。

特にKindleアプリの中では、部分的にドラッグ&ドロップができないので、スクショも合わせて活用すると使いやすいかと思います。

Kindleアプリでは直接本に書き込むということができませんが、こう言った形で自分にとって必要なことを抜き出して、メモを取ることもできるので、ぜひ色々活用し、一つ上の使い方でiPadを楽しんでご利用できますね!

pagesいいね♪

pagesいいね♪

Wordも良いけどpagesもいいよ!

と、いうことで今回のテーマはApple製品を使っている方にとっては大変馴染みぶかいpagesの紹介となります。

試運転ということで簡単にApple Pencilを活用するパターンを動画にとってみたので参考になれば良いのですが・・・

このブログもpagesです。

そうなんです。ブログ自体はWordPressで行っているのですが、原案としてはこのpagesを使っているのです。なにかと文書ファイルでデータがあるとバックアップも兼ねますし、いろんな使い方の発見があるかもしれませんからね。ちなみにできた原稿をWordPressでコピーして貼り付けするだけなので、特に問題はないどころか、WordPress内で自動で見出しなどのブロックにしてくれるので、この機能は実際かなり便利です。

本も出版しようと思えばできる!?

動画内ですごく簡単に触れておりましたが、画面の右上にある、「・・・」のところをたっぷするとApple Booksに公開という文があります。

その名の通りAppleBooksに公開できるようなので、もう少し国語を勉強した上で試してみようかと思ってます。

本を出すというのはハードルが高いと思っていましたが、さいきんは意外とハードルは低いようですね!・・・売れるかどうかはもちろん別ですが・・・

Apple Pencilとの相性もばっちり♪

こんな感じで描けます。

Apple Apple Pencil(第2世代) MU8F2J/A

新品価格
¥14,926から
(2019/2/17 12:10時点)

Apple iPad?Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) – スペースグレイ

新品価格
¥108,423から
(2019/2/17 12:12時点)