iPad✖️ピヨ将棋✖️将棋ウォーズ

将棋好きは試してみて!

と、いうことで最近マイブームが将棋なのですが、ちょっと便利なテクニックを発見してしまったので紹介をしておこうと思います。

※すでにご存知の方はスルーしてくださいね



iPadのスプレットビューが神!

そう、大前提としてiPadでは2画面同時に作業をしたりすることができます。iPadを持たれている方は対局を1画面でされている方も多いと思いますが、やはり対局の後は振り返りがめちゃくちゃ大事ですよね!だったら1画面で振り返りや解析や実際に手を打ってみたいですよね♪

そこでピヨ将棋✖️将棋ウォーズ

まずはこちらの画像をご覧ください。

そう、ご覧の通りピヨ将棋で実際に手の悪かったところや振り返りをしつつ、右側で本筋の確認をしたりすることができます。

将棋ウォーズはスプレットビューに対応していないよ!

そう、じつは将棋ウォーズのアプリ自体はスプレットビューに対応はしておりませんが、ブラウザ版の将棋ウォーズについては当然Safariアプリなのでスプレットビューに対応しております。

とりあえず初段を目標に黙々のんびり対局している私でした。。。

また、便利な活用方法があったら紹介いたしますね♪

OneNoteいいね!

マイクロソフト社のOneNote

今回はマイクロソフト社のOneNoteの紹介ですが、結構便利なアプリなのですが、これが本当にいいんです♪

iPad Proと Apple Pencil、そしてOneNoteの相性はかなり抜群です。これと合わせてKindleのアプリも組み合わせて使うことがあるのですが、これがあると節約にもなるし、効率よく学習や、調べ物などがはかどります。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB) – シルバー

新品価格
¥38,375から
(2019/2/20 15:36時点)

iPadでは2画面同時イケル♪

そうなんです。左側にSafariを開き調べ物をしているときに右側にOneNoteを開いておけば、ドロップアンドドロップで画像、選択した文章などをドラッグ&ドロップができ、簡単にノートをまとめることができます。

また、 Apple Pencilやスタイラスペンをつかうことにより、書き取りやグラフの作成、表の作製もでき、スクリーンショットを撮って必要な部分を残してトリミングし、OneNoteに貼り付けもできます。

特にKindleアプリの中では、部分的にドラッグ&ドロップができないので、スクショも合わせて活用すると使いやすいかと思います。

Kindleアプリでは直接本に書き込むということができませんが、こう言った形で自分にとって必要なことを抜き出して、メモを取ることもできるので、ぜひ色々活用し、一つ上の使い方でiPadを楽しんでご利用できますね!